追記

ツメタククライモンダイ

2002|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|09|10|12|
2013|02|03|04|05|06|08|09|10|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|09|11|12|
2015|03|04|05|11|
2016|03|05|

すべての少年は二種類に分類できる
後に大人になる者とオッサンになるものである
大人は少年の心を宿すがオッサンはお子様そのものである
--エヌ


2016-05-03 エゾナキウサギ [長年日記]

┌|∵|┘ ハツナキウサギ

雪も少し融けただろうと大雪山系に今シーズン初のエゾナキウサギの撮影に。ところが思いの外雪が残っていて、いつものガレ場もまだ雪の下。仕方がないのでそれでも顔を出してる別のガレ場に移動。こっちでも出たことあるし。 しかし全く気配なし。 他のガレ場から鳴き声が聞こえてきたりもしない。他にも何人かカメラおじさんが山の中をうろうろしていて「今日はだめだねー。いないねー。」なんて話してるのが聞こえてくる。これはだめかもわからんね。 1時間くらい待ったところで別のガレ場に移動。そこはいつも人がいっぱいいて気にはなっていたんだけれど行き方がわからないのと他のカメラマンがいると色々気を使うので行ったことがなかった場所。先客が1人いたが「今日はだめですねー」と入れ替わりで帰っていった。おおぅ、あきらめが早いな。 崖の手前の岩に腰掛けて待っていると、ちょっと鳥の鳴き声が気になったのでそっちを偵察に。すると元別居人ちゃんの「でた!」という声が。ずざー。

Pika/エゾナキウサギ
モモンガと違ってナキウサギは信頼できるぜ!で、その後はまた気配もなくなり、元別居人ちゃんはそのまま岩に腰掛け、ワタシはさっきナキウサギが通ったルートを考慮してちょっとだけ移動してカメラをセッティング。ぼーっと待ってると元別居人ちゃんの「いま何か茶色いものが」という声が。シマリスかな?と思って元別居人ちゃんが座っている岩場の方を見ると、なんとワタシのリュックの横からエゾナキくんが顔をだしてる… が、近すぎて撮れない。ワタシのレンズの最短撮影距離は 5.6 m だ。向こうも突然のホモ・サピエンスに驚いたみたいで一瞬固まったのち、シュッと隠れてしまった。 よく見てみると、我々が座っていた岩場、ナキウサギの糞が2ヶ所にあってどうもお気に入りの岩場だったみたい。これはすまんことをしたな、と元別居人ちゃんも岩場を離れる。が、またすっかり出なくなってしまった。おどかしすぎたかなー。そうこうしているうちに我々がフィーバータイムと呼ぶ午後2時が。別のガレ場で連続鳴きが聞こえたのでちょっと見にいってみるが姿はなく、とりあえず出ることが分かってるさっきのガレ場に戻るかということに。 で、戻ると、既に出ていてお食事中!

Pika/エゾナキウサギ

Pika/エゾナキウサギ

なんや?近いで?と言わんばかりにこっちを見るが逃げない。

Pika/エゾナキウサギ

そして10回くらい連続鳴きしてくれたので鳴いてるところが撮れた!

Pika/エゾナキウサギ

瞑想もじっくりのサービスっぷり。

Pika/エゾナキウサギ
Pika/エゾナキウサギ
Pika/エゾナキウサギ

食ってる。

Pika/エゾナキウサギ

帰り道ではキタキツネも。

Red fox/キタキツネ

2016-03-09 モモンガ空振り [長年日記]

┌|∵|┘ イタチ

北海道にいる間に撮ってみたい動物のうちのひとつがオコジョなのだけど、1 年以上前にいつも行ってる公園でイタチを見かけて取り損なったことがあったのだった。この日は早起きして、見つけておいたエゾモモンガの巣の前に日の出前から張り込んで待っていたのに結局現れず、出てきたのはいつものエゾリスさんと、警戒心の強いキツネさんのみ。そしてキツネは撮り逃した。

とぼとぼと引き上げる途中、水辺をちょろちょろしているミソサザイを撮ろうとして追っていたら元べっきょにんちゃんが「あ、イタチ!」と。そっちを見ると確かに川辺にイタチが。しかしイタチもこっちに気づいたようで逃げようとしている。

これはまずいと、一旦イタチの視界から消えて、逃げようとしてる方向に先回り。そんでパシャリ

Japanese Weasel/ホンドイタチ

k a w a i i ! さらにその後石垣の隙間に逃げ込んだのだけど、ちょうど石垣とワタシの距離がそのイタチが人間に近づける最短距離くらいらしく、逃げようとして出てきては怖くなって引っ込むというのを繰り返し撮り放題♪

Japanese Weasel/ホンドイタチ

困ったなーという顔もかわいい!

Japanese Weasel/ホンドイタチ

このホモサピ早くどっかいかねーかな... という感じで出たり入ったり

Japanese Weasel/ホンドイタチ

満足したので 1 歩下がってあげたらタ〜っと目の前を走って逃げていった。


2015-11-22 第35回つくばマラソン [長年日記]

┌|∵|┘ 新記録

さて、雪が積もってしまうので今シーズン最後のレース。今年から新コースになったつくばマラソン。ちょっとだけ高低差は増えたがそれでも平坦。気温と風さえ問題なければタイムは出るはず。しかも今回は1ヶ月半前に別海パイロットマラソンを走り、その後わりと真面目にトレーニングして体重はあんま変わらないのに体型はがっつりと変わってしまっている。35 km 走や 25 km 走の感じからは、いまだかつてなく速く走れるはず。

今年からウェーブスタートが導入されたが陸連の後ろからスタートする陸連登録していないサブスリーの我々にはあまり関係なく、スタート直後はいかに細い道でとっとと遅い陸連さん達を追い越してしまうかが鍵。ということで、「おー増田明美だー」と思いながらもスタート直後から道の端っこを人の隙間を縫いながら、時には歩道に飛び乗りながらなんとか予定ペースの 4:07/km まで持って行って適当に周囲の同じようなペースの人の後ろにつく。

でもなんだか自分のいる位置の人たちは 4:05/km くらいのペースで走っている… このペースで最後までもつかどうかよく分からないが自分一人で一定ペースで走るのも時計を頻繁に確認したりで疲れるのでそのまま周囲のペースにまかせて走る。つくばマラソンは給水がわりと頻繁にあるし、今日は気温も低いしまあなんとかなるやろとそのまま 30 km くらいまで。流石にちょっと疲れてきたし、周囲の人達もだんだん脱落してきたけどまあまだなんとか。30 km で失速するとだいたい 3 時間切れずに終わるのでとりあえずこのまま 35 km まで行こうと決意。

35 km を過ぎて辛くなってきたが、ここでペースを緩めると一気に失速して失速するともうペースを上げられないということをなんとなくここ数回のマラソンで学んだのでなんとか 1 km 4:10 〜 4:15 を死守。ゴール前のコーナーで女性ランナーに抜かれたがワタシの目標は女子で優勝なので直線で抜き返してゴールに飛び込む。そしてゴールに飛び込んだワタシの目にはすでに記録証も受け取ったらしい 5 位と書いた何かを首から下げた女性がテクテクと歩いているのが飛び込んできたのである。がーん。

記録はネットタイム(スタートラインからゴールラインまで)で 2:54:27, グロスタイム(スタートの合図からゴールまで)で 2:55:01. ついにネットで 55 分を切った!ここしばらく記録を更新しても数 10 秒とかだったのだが、春の洞爺湖マラソンの 2:58:20 よりも 4 分近く更新できた。流石に体型が変わっただけのことはある。

細かい記録は Garmin で。胸に心拍計を付けるのではなく、時計についた LED で脈を測る方式のに変えたんだけどなんか心拍ちゃんと測れてない。


2015-05-17 洞爺湖マラソン [長年日記]

┌|∵|┘ 洞爺湖マラソン

今シーズンの初フルマラソン。ホテルは道民なら誰も「なんてたってうちゅういちー」で知っている洞爺サンパレス。改装されて浴場がすごく良くなっていた。

洞爺湖マラソンは去年は 30 km 地点で両足ともつってしまい、そこからゴールまでジョギングしてたので初めて自己ベストを更新できなかった大会でありちょっと苦手意識が。冬の間は雪であまり走り込めないのと、コースにずっとアップダウンがあって、しかも中間地点を過ぎてから 2 km くらいの結構な上り坂が用意されているのが多分苦手な理由。強烈な上りがあってもその後下りと平坦しかなければ大丈夫なんだけど...

スタート地点に向かうあたりから結構な雨。これは寒い。被るためのゴミ袋を用意してきてよかった。設定ペースは 1 km を 4 分 10 秒。去年は上りをがんばってヘロヘロになってしまったのでそこは適当に手を抜こう。

で、スタートと同時ぐらいに雨がやみ、寒いなーと思っていた気温もむしろ走るには丁度いい。丁度いいというか10 ℃くらいだと心拍数が上がらなくてすごく楽。アップダウンが結構あって一定ペースでは走れないのでだいたい同じペースの人をマークしてストーカーと化して走る。ペースを他人にまかせちゃうと色々考えなくてなんか楽。目標は女子で優勝!

ということで上りもなんなくクリアーし、マークしてた人と抜きつ抜かれつしながら 38 km 地点まで未だかつてないペースでたどり着く。これはすごいタイムがでるのでは!?と思ったがそこで脚が終了。マークしていた人がぴゃーっと離れていく。

仕方ないのであとはひぃひぃ言いながらがんばってゴールまで。途中で女性に抜かされたので女子で優勝も無くなってしまい、残る目標は自己ベスト更新だけである。

えいやっとゴールを駆け抜けたタイムを見たけど、なんか去年のつくばマラソンのタイムより遅そう。とりあえず 3 時間切れたからいいか。と思って帰宅してからつくばマラソンのタイムを見てみたら自己ベスト更新してた。

ネットタイム 2:58:20, グロスタイム 2:58:49. 女子なら 3 位。優勝は遠い...


2015-04-28 行者ニンニクとコマドリ [長年日記]

┌|∵|┘ コマドリ

前日 36 km 走をこなして疲れきった体に鞭打って、近所の山に入って川の中をジャバジャバと下りながら行者ニンニク探し。うおーいっぱいある!いっぱいあるんだけどどれもまだ葉が1枚か2枚のやつで採るわけにいかない... 行者ニンニクは葉が3枚のやつしか花を咲かせず、3枚になるのに 3 〜 4 年かかるので、3枚のやつだけを、少し残して採るのが正しいらしいのである。

しかし探しても探しても3枚のがないってことは、未熟なプロによる犯行の後なのか、それとも毎年素人さんが2枚くらいで採ってしまうからそもそも3枚までいけないのか... 午前中いっぱいかけて探したけれど全然採っていいやつが見つからずに間違って採ってしまったやつとか足で痛めてしまったやつだけを持ってしょんぼりと下山。

このままでは引き下がれないのでコンビニでカロリーを補給してそのまま近所の公園に鳥撃ちに。コマドリがいた!



イギリスのとはずいぶんカラーリングが違うけどこれはこれで


文責:たたり
テキストリンク: piyo piyoテキスト餡

あわせて読みたい